宵姫を折ってしまったが、そのままアジング【明石新波止】

朝まで仕事をしてたので、このまま寝ずに、朝マズメに釣り行こうと思いました。

朝マヅメに行くなら、メッキをプラグで釣りたい、と河口に。

プラグを封印してジグ単を極めたい。と言っていたにもかかわらず、

時とタイミングで、欲求は突然やってます。

行動は優柔不断です。

目次

2投目での出来事

6時前に河口に到着。

6時に日の出なので、まだ暗く、誰もいません。

引き潮なので、水位は下がっています。

2投目を投げ、竿先を下げ巻いていると、PEラインが岸から伸びていた草にあたってます。

川で釣っているとよくあることで、そのまま続けるとラインが傷んでしまうので、

あおって外そうとしますが、草と言っても、茎も太く硬い草。

フックがかかれば、ロッドのあおりでは外れません。

手で外さないと、更に絡んでしまいます。

草があるのは、護岸の斜めになっていて石をタイルのように並んでいるところで、

片足を1歩おき、体重を乗せると

滑って尻もち。

普段は、水位があるので水に浸かっている部分で、苔のついているところ。

今は水位が下がっているので、そこに足を置いてしまったのです。

尻もちをつき、更に滑って、足も水中に。最悪です。

パンツ右後ろのスマホが気になりましたが、無傷でホッ。

ただ竿を見ると無残な状態に。

竿先20cmぐらい。

ちょうどソリッドの部分かな。

粉々です。

ラインの先端にはプラグが残ったままなので、

ラインで繋がれてるからロッドの破片は残ってました。

それにしても最悪です。

右手にはロッドを持ってますので、左手で体を支えて、手を見ると中指の爪が割れて血が。

ズンズンと痛みます。

選択と葛藤

朝早くから来て、わずか2投目で

  • ロッドは折れる
  • 足はベチャベチャ
  • 左手は血が出て腫れてズキズキ
  • 気分は不機嫌

一番最初に思ったのは、「もう帰ったる」です。

でも、わざわざ来たのに、釣らずに帰るのも時間の無駄だし、もっと悔しくなる。

次に思ったのは、「ロッドの修理はいくらかな?」「どれぐらいの期間返ってこないんだろう?」でした。

「修理代高くて、時間がかかるくらいなら、釣具店が開くのを待って、新しい竿を買おうかな?」とも思いました。

でも、宵姫の穂先だけがAmazonで売っていたのを思い出し、とりあえず注文すれば、もとに戻る。

と気分を入れ替えました。

折れたロッド

折れたロッドを見ると、ガイドは8個中5個残っています。

折れて残ったロッドの先である、宵姫の4番目のガイドは、先端のガイドと同じか、それより小さいサイズなので、

しなりとかを無視すれば、50数インチのロッドの長さはあります。

今日はプラグなので、重さもあるしなんとかなるか、と投げてみると、

それなりに飛ぶので、釣りを続けることにしました。

続けると決めたからには

朝の暗いうちから、踏んだり蹴ったりですが、

釣りを続けると決めた以上、指が痛いが、そんな事考えてられません。

なんとか釣って帰らないときがすみません。

プラグをとっかえひっかえ、ランガンをしながら、やっていきました。

なかなか反応がないのですが、やっと1匹釣れました。

引きが良かったのでメッキかと思ったのですが、

シーバスです。

ストップ&ゴーのストップで食ってきました。

スミスメバペン メバルクリアーグリッター

メバペン メバルで始めて釣りました。

手持ちのプラグが釣果を出していくのは嬉しいものです。

この瞬間、今日の嫌な出来事のことは頭から消え、

嬉しさ楽しさだけでいっぱいです。

シーバス

その後も投げ続けるもアタリなし。

3時間経ったので、納竿です。

車に乗るも、1匹では気持ちのおさまりがつかない

河口で釣るのは、粘っても無理そうなので、車に戻ったのですが、

朝から来て、辛いことがおきて、このまま帰りたくないので、

車で移動し、明石新波止に行くことにしました。

明石新波止に来てみたものの

新浜漁港(明石浦漁港)は広い漁港で、港内だけでなく、

南側には堤防エリアの明石新波止があります。

明石新波止は西側が手スリのあるベランダになっていて、白灯台に向かう東側は手すりがないテトラエリアになっています。

アジングを始めた頃、新浜漁港(明石浦漁港)の港内でアジングしましたが釣れなかったところでした。

1匹では気持ちの収まりがつかないと、明石新波止に来ましたが、プラグであっさり釣れるようなところではありません。

なぜここを選択したのか?と着いてから思いました。

折れたロッドで、ジグ単を駆使しながら釣果をあげないと、気分を良くして帰れないので大変です。

まずは港内から

港内から始めると、すぐに釣れました。

  • レベロク マメアジヘッド #16 – 1.0g
  • Nシュリンプ25 高田屋覚醒カラー 紅蓮(グレン)

ロッドが折れてしなりで投げられないのと、風が強いので、ジグヘッドを1.0gにしました。

飛距離が出ないし、別にボトムを狙っているわけではないのですが、

足元が一段高く石畳があるので、そのあたりのタケノコメバルが食ってきます。

毎回ですが、タケノコメバルは小さいのに、すぐに食ってきます。

に変えてみるも、足元近くでアナハゼが来ます。

釣れてるけど、狙ってない魚ばかりです。

移動し、港内の灯台のある波止に

アジがいないかと移動し、港内の灯台のある波止に行くと、足元にメバルの子供がいっぱい。

飛距離は出ないし、風がきついので、人もいないから横向きに投げ

足元を狙っていると

アナハゼばかりが釣れます。

ここも足元には石畳があるので、仕方のない結果かもしれませんが、

ボトムより上を流しても、アナハゼは上に泳いで食ってくるのが見えました。

元の港内に戻ると、タケノコメバル。

タケノコメバルは小さいが、アナハゼは15cm以上。

でも嬉しくないですね。

明石新波止北側の港内に

先程の2魚種は釣り続けて釣れても嬉しくないので、アジを釣るため明石新波止北側の港内に移動。

なかなか釣れなかったのですが、アジがきました。

  • レベロク マメアジヘッド #16 – 0.7g
  • Nシュリンプ25 高田屋覚醒カラー 花恋(カレン)

やっとアジのいてるところを見つけました。

表層ではなく、10カウントのところです。

完全に再現できると、意気込んで次を投げようとしたところ、

作業している人から「営業中は、ここはダメ」と言われてしまいました。

やっと見つけたポイントだったのに。。。

やむなく移動です。

少し離れたところで同じようにしてもいませんでした。

アジ

明石新波止ベランダに

港内は諦め、明石新波止ベランダに移動。

手すりがあり、足元まで距離のあるところは苦手です。

飛距離が出ないので、ボトムまで落としても、すぐに表層まで上がってきてしまいます。

隣のエサ釣りで撒き餌をしながら釣っている人は、グレを釣り上げてましたが、

今日のタックルでは、太刀打ちできないので、明石新波止の先端、灯台方面へ移動。

明石新波止の港内側

テトラ側は、エギングの人が多く、今のタックルでは、プラグを投げるのも時間の無駄になりそうなので、

明石新波止の港内側から狙うことに。

足元を見ると、アジの群れが高速で泳いでいってます。

以前、林崎漁港で見たのと同じです。

目の前にワームをおいて見せても、知らん顔で泳いでいってしまいます。

これは釣れないんでしょうか?釣れるとしたらどうすればいいんでしょう。

ここも同じく、北からの強風で、横に投げるんですが、ラインが膨らみ、波止側に引っかかります。

それを避けるため、斜め前に投げるんですが、風は受けるわ、竿はしならないからなかなか飛ばないわで大変です。

でもアジの群れは泳いでいったり、溜まっていたりするので、なんとか釣りたい。

で、見向きもしないアジの下のレンジを狙い

頑張るのですが、釣れたのは、

結局、

アナハゼ。

正午になったので、

指も痛いし、ここで納竿です。

今日の釣果

アナハゼ5匹、タケノコメバル4匹、アジ1匹、シーバス1匹。合計11匹です。

シーバスとアジは、釣ったって感じですが、

アナハゼと小さいタケノコメバルは釣ったと言えるのか?って感じです。

釣ったというより釣れてしまった。という感じです。

今日の感想

初っ端から悲劇の釣りでしたが、

折れたロッドにも関わらず、なんとかプラグでシーバスが釣れたし

明石新波止でもアジが釣れました。

不幸ながらでも、釣りを続けてよかった。

実は、

でも釣っているんですが、グリッターヘッドで初めて釣れたのが、アナハゼでは参考にならないです。

明日にでも、宵姫 爽 S63UL-solid パーツ #1 (穂先)が来るので、

機嫌を直し、次のアジングを楽しみにします。

ナチュラム フィッシング専門店
¥440 (2022/12/01 21:59時点 | 楽天市場調べ)
目次